<   2017年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

6年目の3月11日  ~かすむ復興~

波に消えた 無念の数々に心を寄せる
6年目の3月11日

14時46分 黙祷

やはり涙が出てしまう

「津波さえなかったら・・・」

私たちでさえも 思うこと。


今朝もまた サイレンの音で目覚めた
訓練なのに 携帯の災害緊急速報まで鳴って
心臓に悪い。

災害公営住宅への移転も進み
仮設の集約も始まっています。


6年という 長い時が経ち
災害公営住宅完成を待てず  入居を辞退
(空き1394戸 内岩手県511戸 )

かさ上げした土地に戻らない方も多くなりました

6年は長く
時の経過は人の心も状況も変えて
当たり前です。

どんどん作られる 防潮堤や水門
藤の川の開ける海が好きだったのに
それも見えなくなるらしい

道路も整ってきたけれど
やっぱり 何より大切なのは ”人”

「これで工事関係者がいなくなったら・・」

よく聞く言葉です。

人の減少は商売にも直結し
重くのしかかる 震災での借金
先の不安が 大きく膨らんでます。
が立ち止まるわけにはいきません。

福島のこと

いまだ終息の目途もたたないのに
次々 再稼働 の なぜ?

ネットのニュースでは
福島の職員の方が昨年9名も命を絶たれていると・・・

何の罪もない子が傷つき

「これが宿命だから」と
15歳の子が口にする・・・

時間の経過が
辛さを増すこともあるのだと
改めて 感じる
そんな方も多いのではないかと思います。

この日に合わせ ご注文を頂いたり 来店下さったり
温かな メッセージや贈り物

時が経ても 変わらず 寄り添って
想いを届けて頂けることに

深く 深く 感謝 の 6年目です。

そんな 優しいお気持ちに 本当に救われています。


※今年最初のブログ更新が この記事になってしまったこと
 申し訳なく思っております。
 





[PR]

by fujiyuu-miyako | 2017-03-11 20:28 | 震災 | Comments(0)