宇霊羅山(うれいらさん)

7月1日(土)

小森藤トレッキングクラブ 今季3座目

秋田駒ヶ岳の予定でしたが天候不順の為
あちこち検討した結果


岩泉町のシンボル
宇霊羅山に行って来ました!

e0160568_15161038.jpg

この画像は以前撮ったもの
迫力ある お山ですが
岩泉町の方は小学生からお年寄りまで登るらしい。。。


岩泉海洋センターに車を置かせて頂き 徒歩で約20分 
登山口到着です!

e0160568_15272441.jpg


うっそうとする 山中 道を草が覆っていて
あまり人が通っていないと実感

岩手県内 かなり 熊が出没してるので
笛とか 100均で買える鉄砲とか鳴らしながら(鉄人&編集長が) 
登り始めました。

結構 急な登りが続き 息も絶え絶え
おかしい・・・
五葉山では少し余裕があったはずなのに・・・

鉄人のみ めっちゃ 余裕
(下山帰宅後 走りに行ったと聞き更に驚愕 心から尊敬致します)


e0160568_13082358.jpg

ロープがある 岩場などを登り1時間ほどで
広くなり 「頂上まで35分」の看板あり。


そうすると 景色が開けて来たーーっ
岩泉の町が見えます。
天気が悪いのが 残念。

けど 登山道狭く 結構怖い・・・

落ちたら死ぬな的な。。。

e0160568_13082386.jpg

途中から雨が降り出し
少し雨宿り

そして 発見しちゃったよーーーっ
熊さんの うん○

古いのもあったけど
これって 絶対 やったばかりだよね(滝汗)
というやつ・・・

怖い 怖い 怖い すっごーく 怖い!!!
早足になるけど 落ちないように 足元も要注意。

結局2時間かかり 山頂到着。

e0160568_15402965.jpg


編集長 狭い山頂でも 果敢に 
ジャーーーンプ!

今年はこれで行きますものね(笑)

e0160568_13082557.jpg
とにかく 熊さん 怖くて 落ち着かないので(おっぱやんがっ)
早々に下山開始。

ガンガン 笛 鳴らして頂きながら・・・

途中 6人位のグループとすれ違いちょっと ”ほっ” としたけれど

店主と 鉄人奥さまが

「なんか 変なグオーって音が聞こえた」と一言


ヤバいでしょー
近くで 熊さん見てるんじゃないのぉー(泣)


2時間かけて登った山を  50分で下山 
店主 1回  編集長 2回転倒
切り傷だけで済んで良かった。

そして何より
熊さんに合わなくて 良かったよぉ・・・
心から 本当に。。。



「マジ ビビッてたから おっぱやん」と

編集長から 頂きました ↓↓
e0160568_15025952.jpg


ありがとうございますっ!!!
[PR]

# by fujiyuu-miyako | 2017-07-04 17:15 | 登山 | Comments(0)  

スワロー!

柴犬の散歩道
こんな可愛い コ たちの成長を
見守ることができます♪
e0160568_13255545.jpg

かなり成長してるーっ(嬉)
毎年 ここのお家に来るのです!

ツバメが 颯爽と 飛ぶ姿を 見ると
「スワロー!」と 思わず 口にしてしまう
「スワロー」って 言葉が  ピッタリ!(私だけ?笑) 

以前の新川町店舗では 倉庫の中に巣を作ったので
通れるよう シャッターに 穴を開けてあげた 店主

だってね 親ツバメって 本当に 働き者で
夜明けから 暗ーーーくなるまで
子供の為に エサを取り続けるのです。
だから人間寝てます(笑)
毎年 感動する!

見習うべきは人間!?

そんなツバメも 減少しているらしい
コチラ ⇒ 消えゆくツバメをまもろうキャンペーン(日本野鳥の会) 

みんな 無事に 大きくなれますように。。。

[PR]

# by fujiyuu-miyako | 2017-06-28 15:34 | こぼれ話 | Comments(0)  

日立浜

高い 高い 防潮堤
a0205377_13001401.jpg

景色が変わりつつある 日立浜
a0205377_13001493.jpg


[PR]

# by fujiyuu-miyako | 2017-06-14 12:42 | 宮古 | Comments(0)  

それぞれに それぞれの・・・


以前 心に響いた 番組

そしてイナサは 吹き続ける ~風寄せる集落の11年

《番組内容》
仙台湾に大漁をもたらす海風「イナサ」。
この恵みの風に包まれ、1700人が暮らした仙台市荒浜は、
東日本大震災の津波で集落ごと流された。
人々は仮住まいの中、浜でのつながりを頼りに苦難に立ち向かってきたが、
今年、仮設住宅が閉鎖されバラバラになる。
震災5年目に訪れた“集落解散”。
人々はどのように受け止め、どのように生きていくのか。
NHKが11年前から撮り続けてきた映像で、震災を生き抜いた人々の姿を伝える。
(NHKオンライン マイ番組表より)


長男のアパートから近いという事もあって
一度 行ってみたかった。

漁業と田畑の営みを 
根こそぎ断ち切った 3月11日。

荒浜小学校は 唯一 津波に耐え
300人の命を救ったそうですが
震災後 閉校となり 震災遺構として
公開されています。


e0160568_14572615.jpg


海水浴客でにぎわったであろう 砂浜
e0160568_14572729.jpg



e0160568_14572883.jpg


仙台まで
延々と続く 浸水地域

その被害の大きさ
復興の遅れ いや
復興とは?

いつも そんなことを考えながら走ります。

被災地 被災者
どこも 誰も 同じではなくて
それぞれに それぞれの
6年があると
改めて 重く 強く感じた 春の日でした。


[PR]

# by fujiyuu-miyako | 2017-06-12 12:51 | 震災 | Comments(0)  

五葉山

e0160568_20314984.jpg


3日(土)
ツツジを見に五葉山に行って来ました!

満開ではなかったけど まずまず・・・
自然は予想通りにはいかないです。

五葉山は小森藤トレッキング倶楽部の
原点 (←大げさ 笑)  ・ ☆☆

チームとしては 今回 2度目の登頂ですが
にわか山登り夫婦
なぜか 五葉山だけは
毎年 登っています。
何と言っても 五葉醤油の由来ですから!
という事は・・・いつか 富士山目指さないとですね。

昨年は花粉で酷い目にあった(泣)  ので 
漢方薬 通常の2倍飲み マスク着用という
変な姿の 山ばばあ(笑)

昨年の経験上 恰好は二の次です!


e0160568_20315075.jpg


賽の河原手前で 景色が開けると
楽しみながら歩けます。


新緑キレイ♪

e0160568_20315175.jpg


鉄人 ご夫妻 昨年は 20座超え!
素晴らしゅうございます!!!


a0205377_15120544.jpg


冷たく美味しい山の水

e0160568_20315144.jpg




e0160568_20315249.jpg

山小屋を過ぎれば
あと少し!


e0160568_20315369.jpg


強風の合間に開ける景色

e0160568_20315424.jpg


束の間、三陸の海が見えました!

e0160568_20315400.jpg



残念ながら倒れてたー 
五葉山



e0160568_20315568.jpg


半ば 無理やりですが
記念撮影

a0205377_15133444.jpg


編集長 鞍掛山に 続き
ジャーーーンプ!
今年はこれで行きますね。


e0160568_20315656.jpg


登山指数 ”C” だけあって
強風&寒くて 冷え冷え
お昼食べて早々に下山
夜会に備えました(笑)

4年前
息も絶え絶えに登った五葉山  ・ ☆☆

今は少ない休憩で楽しみながら
登れるように!
振り返ると 登り 30分短縮

アラ50 成長しとります。

この年になって 成長出来る事
中々ないから
ちょっと嬉しい 自己満足となりました。



[PR]

# by fujiyuu-miyako | 2017-06-09 15:23 | 登山 | Comments(0)